大手企業では、顧問弁護士契約を交わしている事務所が2,3か所というところもありますが、中小企業では、おそらく8割の会社は顧問弁護士を採用していないのではないでしょうか。

顧問弁護士を雇っておけば、すぐに疑問に思った法律問題について確認できる、契約書を見てもらって自社に不利な条項を修正してもらえる等多くのメリットがあります。

顧問弁護士は、自社で法務スタッフ一人を雇い入れるのに比べれば、はるかにコストも安く済みます。当事務所では、企業向けと社会保険労務士・税理士等の他士業向けの顧問弁護士契約を用意しています。