2019年2月

植田弁護士が、光文社から「日米ビジネス30年史」を出版しました。バブル時代からの日米ビジネスの30年間を追い、日本ビジネスがアメリカのビジネスに負けてしまった理由を明らかにしています。

続きを読む...

2019年1月

佐藤直也弁護士が入所しました。佐藤弁護士は、民間債権回収会社で5年間にわたって、訴訟案件、トラブル対応案件を数多く手掛けてきています。尚、近藤哲也弁護士は、既に退所しているため、当事務所の弁護士は3名...

続きを読む...

2018年5月

植田弁護士は、税理士登録を行いました。これまでも弁護士として税務業務を行ってきましたが、税理士登録とともに、より高度な税務サービスを手掛けていくことになります。

続きを読む...

2017年7月

7月1日から、近藤哲也弁護士が入所しました。近藤哲也弁護士は、ニューヨーク州弁護士でもあり、国際分野の取引を得意にしています。これにより、当事務所の所属弁護士は3名となりました。

続きを読む...

2017年6月

植田弁護士の「ひとりでできる『相続』と『遺言』」が婦人公論6月13日に掲載されました。12月に出版した「妻のための相続とお金の話」からの抜粋です。

続きを読む...

2017年1月14日

植田弁護士が名古屋商科大学のオープンセミナーでコーポレートガバナンス(企業統治)について講演します。

続きを読む...

2016年12月

植田弁護士が朝日新聞出版社から書籍”妻のための相続とお金の話”を出版しました。            

続きを読む...