製造業の法律問題(Ⅴ)-知的財産権を侵害された場合の対処法

自社の知的財産が他人に侵害されていると思われる場合、どのような対応をするべきでしょうか。   ① まず、本当に権利侵害が認められるかどうかを調査し、特許権などの権利侵害があるのかを確認します...

続きを読む...

製造業の法律問題(Ⅳ)-営業秘密の保護

転職が盛んになるに伴って、従業員が企業の営業秘密を持ち出して、他社に持って行ってしまうという問題が発生するようになっています。こうした場合、企業はどのように対応していけばよいのでしょうか。  ...

続きを読む...

製造業の法律問題(Ⅲ)-知的財産権の侵害

知的財産権とは、人間の創造的活動により生み出される無形の財産権のことを言います。   発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物のほか、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示する...

続きを読む...

製造業の法律問題(Ⅱ)-製造物責任

1 PL法(製造物責任法)とは PL法(製造物責任法)は、「製造物」の「欠陥」が原因で、他人の生命・身体・財産に損害が生じた場合、製造業者等に損害賠償責任を負わせることとしています。他人の行為により損...

続きを読む...

製造業の法律問題(Ⅰ)-取引先が倒産しそうなときの債権回収の手段

あなたの会社が商品を納入している取引先-ここではA社としておきましょう-が倒産しそうなとき、どう対応したらよいのでしょうか。少しでも多く債権回収できるようにするにはどうしたらよいのでしょうか。 &nb...

続きを読む...